画像処理について


画素は色情報や座標値が含まれた数値データから成り立っており、画素一つ一つがデータのかたまりとなっています。
その画素が複数集まることで、画像という物体を認識できる集合体になります。

私たちは、1秒間に所定のフレーム数、画像が連続的に表示されているものに対して、動画とし認識しています。
動画は圧縮形式が多様で、カメラからの出力形式や圧縮変換フォーマットによって様々な規格のデータとなります。

画像処理する際に重要なのは、画像の情報量の多さと、解析性能如何によって、結果を出すまでの処理時間や処理できる内容が大きく変わってくることです。
近年は、カメラ性能の向上(高解像度化)に伴い、解析性能も同じように処理速度や処理方法を高めていく必要がある状況にあります。